当院の治療について

当院の治療は経絡治療と呼ばれる日本の伝統的な鍼灸治療です。脈や舌、お腹を診察して体調を判断し、効果的なツボを選択します。ツボの場所を十分に吟味した後に、非常に細い銀製の鍼(使い捨て)を痛みなく刺入します。深さは数ミリ程度です。鍼はすぐに抜くばあいとしばらく刺したまま置いておく場合があります。

お灸はモグサを米粒大にひねり皮膚にのせ線香で火をつけます。ほんの少し熱く感じますが跡は残りません。

一回で治るものもありますが、通院が必要な場合はその旨お伝えいたします。慢性のものはケースにもよりますが、一、二週間に一回から二回の通院が必要な方が多いようです。初診時、どのようなタイミングで何回ぐらいの治療が必要かお伝えいたします。通院できない場合は悪化しない工夫や、ご自分でできるセルフケアをアドバイスいたします。

ご質問があればご遠慮なくお聞きください。メールでお聞きください。可能な限りお返事いたします。

(ご質問の内容によってはお返事しかねる場合がございます。例えば「必ず直りますか」など。あしからずご了承ください)